業界スタンダードなストレージ、3parとは

現在、多くの人がクラウドストレージを利用しています。

無料のストレージサービスもあり、仕事などの日々の生活に馴染みあるものになっているのではないでしょうか。3parとはそんな様々なストレージサービスの基盤となっているストレージ機器で、現在のクラウドサービス業界で標準となっているものです。
通常、サーバーとなるストレージというものは、クライアント側であるPCなどの機器に搭載されているハードディスクと構造上殆ど変わりません。

容量が大きいか否かの違いしかなく、基本的な技術というのは変わらないのです。

しかし、3parはそんな従来の技術とはまったく異なっています。
このストレージが業界の標準となった第一の理由が、その汎用性の高さです。


従来の技術だと、例えばストレージの容量を増やそうとする場合、一旦稼動を停めなければなりません。

FC2まとめ

そうなると、ユーザー側がストレージにアクセスできない状況が続くことでサーバへの信頼性が低下、それが理由となって利用者が離れてしまう原因となることもあります。

3parでは稼動を停めなくてもストレージを拡張できる技術が備わっており、それゆえに今の地位を獲得したのです。

その他にストレージに求められていることと言えば、データの読み書き速度などのパフォーマンスではないでしょうか。



3parはパフォーマンスも従来のストレージ技術よりも高く、シェア獲得の理由となっています。



ストレージプロセッサという、データ処理専用プロセッサが備わっているため非常にデータ処理のパフォーマンスが高いのです。
このように、3parが業界のスタンダードとなったのは、様々な最新鋭の技術が備わっていることが理由となっていることがわかります。
ストレージも日進月歩で進化していますが、これらの技術はクラウド業界を牽引していくことになるでしょう。